新幹線チケット予約はいつから?年末年始GWお盆の事前申込方法!

      2017/09/29

新幹線チケット予約

新幹線のチケット予約は何日前に開始なのでしょうか?

年末年始・お盆・ゴールデンウィークなどの繁忙期は混雑しそうなので、できるだけ早く予約しておきたいですね。

今回の記事では、新幹線のチケットの予約開始日、事前受付の開始日と申込方法などをお届けします!

スポンサードリンク
  

新幹線チケットの予約開始はいつから?

JR新幹線チケットの指定席予約開始日

新幹線の指定席券は、基本的に乗車日の1ヵ月前(同日)の朝10:00から、予約購入が開始されます。

【予約開始日(例)】
・4月29日乗車分 ⇒ 3月29日朝10:00発売開始
・8月13日乗車分 ⇒ 7月13日朝10:00発売開始

ただし、前月に同日がない場合は、当月の1日が発売日になります。

【前月に同日がない場合の予約開始日(例)】
・12月31日乗車分 ⇒ 12月1日朝10:00発売開始
・3月30日乗車分 ⇒ 3月1日朝10:00発売開始

新幹線の切符は、JRみどりの窓口・指定席券売機・インターネットなどで予約ができます。

また、1ヵ月前の予約開始より前に「事前予約」を申し込む方法もあります。

新幹線チケットの事前予約開始はいつから?

JR新幹線チケットの事前受付開始日

新幹線チケット予約の発売開始日は乗車日の1ヵ月前(同日)午前10:00からですが、実は予約開始日のさらに1週間前(同曜日)からインターネットで「事前予約(事前受付)」を申し込むことができます。

また、駅窓口でも予約開始日当日の朝から事前予約を受け付けていることがあります。

さらに、旅行代理店などで予約開始日より前に購入できることもあります。

JR新幹線チケットの事前予約とは?

事前予約とは、前もって「予約したいです!」と申込をできるだけのシステムです。事前予約を入れた時点では、まだ予約はできていません

事前予約にエントリーしておくと、乗車日の1ヵ月前の10時になり発売開始されたら、JR側で予約の手配をしてくれます。

予約が取れたらメールや電話で連絡をくれるので、駅窓口に行きお金を払って購入します。

数秒で売り切れるプラチナチケットなどは必ずしも取れるわけではありませんが、新幹線は本数も多いですし、列車自体にプラチナ価値があるわけではないので、事前予約で取れる可能性は高いです。

混雑期の指定席を確実にゲットしたい場合は、この「事前予約」を忘れずに申し込むのがコツです。

スポンサードリンク

年末年始GWお盆の新幹線チケットの事前予約方法

年末年始・GW・お盆などの予約を有利にする「事前予約」を、インターネット・駅窓口・旅行代理店などで申し込む方法をご説明します。

インターネットの事前予約サービス

JR東日本の「えきねっと事前受付サービス」や、JR西日本の「e5489事前申込サービス」で、「事前予約」の公式サービスがあります。

JR東日本「えきねっと」の事前受付サービス

JR東日本の「えきねっと」では、北海道・東北・山形・秋田・上越・北陸・東海道・山陽・九州すべての新幹線の事前予約が可能です。

ただしチケットの受取は、JR東日本・JR北海道(一部)・JR西日本北陸(一部)の駅窓口のみとなります。

事前予約の受付期間は、乗車日1ヵ月前のさらに1週間前(同曜日)の午前5時30分~乗車日1ヶ月前の午前9時54分です。

【えきねっと事前受付期間(例)】
・8月13日乗車分 ⇒ 7月6日朝5:30~7月13日朝9:54に事前受付
・12月31日乗車分 ⇒ 11月24日朝5:30~12月1日朝9:54に事前受付

えきねっと詳細はこちら>>びゅうJRで行く国内ツアー|えきねっと

JR西日本「e5489」の事前申込サービス

JR西日本の「e5489」では、東海道・北陸・上越・山陽・九州・東北(一部)の新幹線の事前申込が可能です。

チケットの受取は、JR西日本・JR四国・JR九州・JR東日本(東京23区のみ)のJR各駅のみなので注意です。

事前予約の申込期間は、乗車日1ヵ月前のさらに1週間前(同曜日)の午前5時30分~乗車日1ヶ月前の午前9時59分です。

ただし、年末年始は事前申込期間が拡大されます。

【e5489の年末年始事前申込期間】
・12月23日~27日乗車分 ⇒ 11月16日~1ヵ月前9:59まで事前受付
・12月28日~1月5日乗車分 ⇒ 1ヵ月と12日前~1ヵ月前9:59まで事前受付
・1月6日~1月9日乗車分 ⇒ 1ヵ月と12日前~11月27日及び、1ヵ月と1週間前~1ヵ月前9:59まで事前予約

e5489詳細はこちら>>JR西日本e5489サービス

えきねっともe5489も、一応「事前受付の申し込みは早い者勝ちではない」ということになっていますが、気になる方は早めにエントリーしたほうがよいかもしれません。

エントリーした後は、乗車日から1ヵ月前の10時以降に、予約できたかどうかをメールで通知してくれます。予約ができていたら、駅の窓口へ受取に行きましょう。

駅窓口の事前受付方法

みどりの窓口などのJR各駅窓口の事前予約は、正式なサービスではありません。ただ、駅によって独自のルールで予約開始日の朝から事前予約を受付ていることがあります。

・発売日の朝シャッターが開いた瞬間から駅員さんが受付
・発売日の朝みどりの窓口が開いてから窓口でのみ受付
・受け付けていない

などの場合があります。

駅によって、シャッターが開く4時、窓口が開く6時、窓口が開く8時など、事前予約の開始時間は様々なので、複数の駅で事前予約を申し込むことも可能です。

ほとんどの駅では、1台の端末のみで事前受付分の処理をしますので、キワどいチケットの場合は、その駅で1番目になる必要があります。事前予約で2番になったら10時ジャストには打ってもらえないと思ったほうがよいでしょう。

旅行会社の事前予約方法

新幹線の宿泊パックなどを扱う旅行会社は、個人予約とは別にあらかじめ新幹線の数席を確保していることがあります。

そのような旅行会社で発売より先に、行楽シーズンや取得困難なチケットも予約できることがあります。

早めに旅行会社のスタッフにいつから予約開始か聞いておくと、たいていは親切に教えてくれます。

チケットを確保していなくても、場合によっては予約代行をしてくれることもあるので、ダメもとで問い合わせてみてもよいでしょう。

新幹線+宿泊のお得なセットはこちら

新幹線チケット予約まとめ

新幹線のチケットは、1ヵ月前の朝10時から予約開始ですが、その前に「事前予約」を申し込むことが可能です。

事前予約の受付期間は以下のとおりです。
・インターネット(1ヵ月と1週間前~1ヵ月前の10時前)
・みどりの窓口(1ヵ月前の早朝~10時)
・旅行代理店(旅行代理店による)

事前予約に申込つつ、1ヵ月前の朝10時にも予約に挑戦をすると、チケットを予約できる確率があがります。

繁忙期の自由席は混みあいますので、多少面倒でも指定席ゲットがおすすめです^^

さらに確実にチケットを予約する高レベルな方法もご紹介しています。
 ↓ ↓ ↓
>>新幹線チケット予約方法の裏ワザはこちら

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

 - 新幹線 ,