東海道新幹線のぞみ・ひかり・こだまの所要時間と停車駅と料金の違い

      2016/05/14

東海道新幹線

今さら聞けない「のぞみ」と「ひかり」と「こだま」の違いを、超わかりやすく解説。

☑ 速いのはどれ?

☑ 安く乗るなら?

今すぐチケットを購入される方も、すぐご確認いただけます。

速攻チェックしてよい旅を!

スポンサードリンク
  

東海道新幹線の所要時間「のぞみ・ひかり・こだま」

「のぞみ」と「ひかり」と「こだま」で一番速いのはどれ?

時間帯や上り下りによって多少違いますが、
東京~新大阪の平均所要時間は以下のとおりです。

順位 新幹線 東京~新大阪
第1位 のぞみ 約2時間30分
第2位 ひかり 約3時間
第3位 こだま 約4時間

1番速いのは「のぞみ」です。

2番目の「ひかり」とは30分差、「こだま」とは1時間30分の差があります。

のんびりレジャーに行くなら許容範囲の差だと思いますが、
出張などで急ぎの場合は6割増しは大きな差かもしれません。

東海道新幹線の停車駅「のぞみ・ひかり・こだま」

1番速いのが「のぞみ」とわかりましたが、目的の駅に止まらなくては困ります。

次に停車駅をチェックしておきましょう。

○=全列車が停車

△=一部の列車が停車

×=全列車が通過

停車駅 のぞみ ひかり こだま
東京
品川
新横浜
小田原 ×
熱海 ×
三島 ×
新富士 × ×
静岡 ×
掛川 × ×
浜松 ×
豊橋 ×
三河安城 × ×
名古屋
岐阜羽島 ×
米原 ×
京都
新大阪

※一部、名古屋止まりの列車があるので注意です。

スポンサードリンク

東海道新幹線は新大阪から山陽新幹線の博多方面まで乗り入れていますが、
ここでは、東海道新幹線内(東京~新大阪)のみをご案内しています。

「のぞみ」は、東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪のみの停車です。
「こだま」は新幹線の駅はすべて各駅停車で止まります。

「ひかり」は便によってランダムに停車します。

東海道新幹線の料金「のぞみ・ひかり・こだま」

スピードと停車駅がわかりましたが、
時間に余裕のある場合は、所要時間よりも料金が気になるところです。

まず、新幹線に乗るには乗車券と特急券が必要です。

新幹線の自由席チケット=乗車券+自由席特急券

新幹線の指定席チケット=乗車券+指定席特急券

乗車券(運賃)と特急券(特急料金)を足して計算してください。

以下は「通常期」の料金表です。
「繁忙期」は200円増、「閑散期」は200円引の価格になります。

料金 のぞみ ひかり こだま
運賃 8750円 8750円 8750円
自由席 4870円 4870円 4870円
自由席料金合計 13620円 13620円 13620円
指定席 5700円 5390円 5390円
指定席料金合計 14450円 14140円 14140円

運賃と自由席特急料金は「のぞみ」「ひかり」「こだま」すべて同じです。
指定席特急料金は「のぞみ」だけ少し高く、「ひかり」と「こだま」は310円安いです。

普通に購入する場合は310円の差ですので、速いほうがよいかと思います。

ただ、「こだま」は「ぷらっとこだま」などの格安チケットで、
運賃と特急料金を含めて10300円で乗車できたりなど、割引プランがあります。

「ぷらっとこだま」は前日までに「東海ツアーズ」で購入しておく必要があります。
当日でなければ挑戦してもよいでしょう。

↓東京~新大阪最安値の詳細はこちら↓
「東海道新幹線の格安予約チケットの最安値を徹底検証!東京~新大阪」

まとめ

料金はその他にも格安チケットを入手する方法はありますので、
また別途記事にしたいと思います。

新幹線の予約は前月の同日10時からですので、
ゴールデンウィークやお盆や年末年始など混みあう時は早めに予約しましょう。

それでは、よい旅をお楽しみください。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

 - 新幹線 , ,