深大寺の初詣の混雑予想2017!そば営業時間と深夜バスアクセス情報

   

深大寺初詣

緑と水と寺の都会のオアシス「深大寺」。

名物のそばや温泉が魅力の、初詣デートにもおすすめの寺院です。

今回の記事では、深大寺の2017年初詣の混雑予想、参拝時間、ご利益、そば屋の営業時間、深夜バスの運行時間などについてお届けします!

スポンサードリンク

深大寺の初詣の混雑予想と待ち時間

「深大寺そば」や「深大寺温泉」など観光スポットとしても名所の「深大寺」。初詣には20万人以上が訪れます。

深大寺の初詣でもっとも混みあう時間帯

深大寺は、年越しに「深大寺そば」を食べて「深大寺」へ初詣に向かう1月1日0:00~1月1日1:00がもっとも混みあいます。

行列は鬼太郎茶屋のほうまで伸びて、待ち時間は最高1時間ほどになります。

3時間待ちの明治神宮などに比べると待ち時間は少な目ですが、境内があまり広くないので人混みは覚悟しておいたほうがよいです。

また、1月1日~3日の10時~16時くらいも初詣参拝者で大変混みあいます。

こちらは、深大寺のお正月の混雑状況がわかる動画です。

1月2日ですが、かなりの人出ですね。

深大寺界隈は観光・散策地としても人気のエリアなので、元旦だけでなく1月1日~3日まで大変混雑し、その後も土日は1月いっぱい初詣に訪れる人が多いです。

深大寺の初詣で比較的空いている時間帯

深大寺の初詣で人混みを完全に避けたい場合は、早朝に参拝するのがおすすめです。1月1日は早朝3:00~6:00は、ほとんど人がいなくなります。

年明けにお参りする場合は、23時半くらいに並べばスムーズにお参りできるでしょう。

元旦の早朝以外では、朝10時以前、もしくは夕方16時以降ならば比較的空いています。

スポンサードリンク

深大寺の初詣2017年の参拝時間とご利益

深大寺の初詣2017年の参拝時間

深大寺の通常の参拝時間は朝9:00~夕方16:30が基本ですが、年末年始は時間を延長してお参りすることができます。

日付 参拝時間 深沙堂開堂 護摩祈祷
12月30日 9:00~16:30 なし なし
12月31日 9:00~24:00 なし なし
1月1日 0:00~21:00 9:00~17:00 0:00~2:00
8:20~17:40
1月2日 8:30~20:00 9:00~17:00 8:20~17:00
1月3日 8:30~20:00 9:00~17:00 8:20~17:00
1月4日~9日 9:00~16:30 なし 9:40~16:00
1月の平日 9:00~16:30 なし 11:00~14:00
1月の土日 9:00~16:30 なし 10:00~15:00

※参拝時間、深沙堂開堂については平成28年(2015~2016年)の時間を参考にしています。護摩祈祷は2016~2017年の時間です。

参拝時間は、お守りや破魔矢の授与を行っている時間です。

大晦日から元旦は12月31日朝9時~1月1日21時が参拝時間ですので、深夜でも明け方でもいつでもお参りできます。

1月1日~3日には、恋愛成就の秘仏「深沙大王像」が納められている「深沙堂」が特別開堂されます。

お正月の護摩祈願は、お正月三が日だけでなく1月中は毎日行われています。初祈願をご希望される方も多いので、護摩祈祷が行われている時間帯はイコール混雑する時間帯ということになります。

深大寺の初詣のご利益

深大寺は東京都内では浅草寺の次に古い寺院で、「深沙大王」に由来して「深大寺」になったと伝えられています。

ご本尊は「阿弥陀三尊像」ですが、「釈迦如来倚像」「元三慈恵大師像」「そば守観音像」「十二支観音」「深沙大王像」「恵比寿尊・大黒天像」などたくさんの仏像が安置されています。

深大寺のご利益は、主に厄除、家内安全、商売繁盛、身体健全、交通安全などです。

また、恋愛成就の神様「深沙大王像」の伝説もあり、縁結びのパワースポットとしても知られています。

深大寺初詣のそば営業時間と深夜バスアクセス情報

深大寺といえば、やっぱり「蕎麦」と「温泉」。大晦日から元旦の年明けは営業しているのでしょうか?

また、交通アクセスであるバスの深夜の運行はしているのでしょうか?

深大寺の年末年始のそば屋営業時間

深大寺の初詣前に、大晦日の年越しそばを食べれたらよいですね。全店ではありませんが、12月31日の夜中まで営業しているそば屋もあります。

【年末年始の深大寺そば】

例年、年越しで営業していたお店は以下になります。

・青木屋(12/31朝10時~1/1早朝3時)
・きよし(12/31朝11時~1/1早朝1時)
・雀のお宿(12/31朝11時~1/1早朝3時)
・鈴や(12/31夜22時~1/1早朝2時)
・門前(12/31夜22時~1/1早朝2時)
・矢田部茶屋(12/31夜21時半~1/1早朝2時)

・鬼太郎茶屋(12/31夜21時~1/1早朝3時)
※鬼太郎茶屋はカフェです。蕎麦はありません。

今年の大晦日~元旦にも、上記のお店で年越しそばが食べられると思いますが、いずれも元旦の3時には閉店してしまいます。

元旦の朝は、9時~11時に開店で、2016年に一番朝早いお店は「玉乃屋」の朝8時でした。元旦の3時~8時はお蕎麦は食べられませんので注意です。

※昨年までのデータです。今年の営業時間詳細はご確認ください。

深大寺温泉「湯守の里」年末年始営業時間

深大寺には「湯守の里」という天然温泉があります。

年中無休ですが、年末年始も通常どおりの時間での営業されています。

営業時間:10時~22時
料金(時間フリー):大人1200円、小学生以下700円
料金(60分以内):大人900円、小学生以下600円

※シャンプーやボディーソープは完備、「時間フリー」のみタオル付です。

12月29日~1月5日は、日曜・祝日の料金になります。1月2日~3日には甘酒が振る舞われることも。

※昨年までのデータです。今年の営業時間詳細はご確認ください。

深大寺アクセスと深夜バス運行時間

住所:東京都調布市深大寺元町5-15-1
電話:042-486-5511(受付時間9:00~17:00)

【アクセス(電車・バス)】
・京王線「調布駅」徒歩30分
・京王線「調布駅」北口から京王バスで「深大寺」下車徒歩1分
・京王線「つつじヶ丘駅」北口から京王バスで「深大寺」下車徒歩1分
・JR「吉祥寺駅」南口から小田急バスで「深大寺」下車徒歩3分
・JR「三鷹駅」南口から小田急バスで「深大寺」下車徒歩3分

※「深大寺入口」や「深大寺小学校前」バス停からも徒歩5分~8分程度です。

【深大寺初詣の電車バス深夜運行】

12月31日~1月1日の運行については以下のとおりです。

・京王線:終夜運転(30~40分間隔)
・京王バス(調布駅~深大寺):夜22:30~早朝3:00頃(約30分間隔)
・京王バス(つつじヶ丘駅~深大寺):夜22:30~早朝3:00頃(約30分間隔)

・JR中央線:終夜運転(20~40分間隔)
・小田急バス:深夜運行なし(吉祥寺終発20:51、三鷹終発21:18)

※昨年までのデータです。今年の営業時間詳細はご確認ください。

JR中央線の吉祥寺、三鷹方面からは深夜のバス運転がありませんので、タクシー利用になります。徒歩の場合、調布・つつじヶ丘からは30分程度ですが、三鷹・吉祥時からは徒歩1時間ほどかかります。

自家用車の場合は、深大寺の駐車場は利用できませんし、そば屋や神代植物公園の駐車場も深夜は閉まっているところが多いため、コインパーキングを探したほうが早そうです。

昼間ならば店舗等の駐車場も利用できますが、1月1日~3日の10:00~16:00は初詣に伴う交通規制で、深大寺通りが一方通行になります。

基本的には公共交通機関がおすすめです。

深大寺の初詣まとめ

深大寺の周辺は、そば屋などがそば団子やお土産品を店先に出店していて、年中無休で縁日屋台のような雰囲気です。

鬼太郎茶屋ではお正月限定で「妖怪福袋」や「目玉のおやじ焼き団子」などもあって楽しめます。

また、深大寺では除夜の鐘も鳴らせるので、前もって抽選に申し込んでおいてもよいですね。

新年のそばと温泉とお寺を満喫して、有意義な一年を過ごしてください!

スポンサードリンク

 - お正月 ,