ドコモのiPhone6sの維持費最安値は0円?2016年はMNPで携帯代節約!

      2016/05/14

ドコモiPhone6s

iPhoneを買うなら、格安SIMも使えるドコモのiPhoneが魅力的ですね。

ぼんやりと契約してしまうと月々1万円!とかになってしまいますが、ちょっと気を付ければ0円も可能です!?

今回の記事では、2016年5月現在の、docomoへMNPでのりかえる場合の月額維持費の最安値を計算してみました。

ドコモは一人より、家族などでシェアできると非常に安くなりますので一人の場合と、家族がいる場合の両方記載しています。

携帯スマホ料金の節約にお役立てください!

スポンサードリンク

ドコモのiPhone6sの月額維持費最安値!1人で安く使う方法

通信費節約のためには本体代は一括払いで計算すると、料金がとてもわかりやすくなっておすすめです。

そのため当サイトでは、機種代を一括で支払った場合の月額維持費(税込)でご紹介しています。

MNPでiPhone6sを1台契約した場合の月額維持費

・カケホーダイ :2916円(通話し放題)
・データSパック :3780円(2G)
・spモード   :324円
・月々サポート :△3078円(iPhone6s64Gの場合)
----------------
月額維持費合計:3942円

iPhoneの月々サポートはiPhone6sの64Gが一番高く、通常3510円です。
ただ、データ容量が少ないデータSパックを選択すると、月々サポートは432円少ない3078円になってしまいます。

それでも、データSパックにするのが最低価格です。

MNPでiPhone6sを2台契約した場合の月額維持費

月々の支払額は、1人で契約する場合も一台より二台同時に契約したほうが安くなります。

1台目の月額維持費

※1台のみの場合と同じです。

・カケホーダイ :2916円(通話し放題)
・データSパック :3780円(2G)
・spモード   :324円
・月々サポート :△3078円(iPhone6s64Gの場合)
----------------
月額維持費合計:3942円

2台目の月額維持費

※「2台目プラス」というプランで2台持ちます。

・データパック :1836円(通話なし)
・シェアパック :540円
・spモード   :324円
・月々サポート :△3510円(iPhone6s64Gの場合)
----------------
月額維持費合計:△810円

1台目と2台目の月額維持費合計は、3132円です。

1台のみより、月々810円節約の計算になります。たかが810円と思うかもしれませんが、1年で9720円安くなるので大きいです。

2台目はデータプランで通話が付いていませんが、LINEやsmartalkなどの無料アプリで通話も可能です。

無料アプリの通話だと、110番や119番ができないのが欠点ですが、smartalkなどは050の電話番号も無料でもらえますので、この「2台目プラス」プランを2人で使うことも不可能ではありません。

※smartalkは050の電話番号は無料ですが、通話は有料です。

ただ、機種代がかかりますので、本体一括0円などに出会えたら2台契約したほうがおトクです。

ドコモのiPhone6sの月額維持費最安値!家族で安く使う方法

ドコモの維持費は、家族でシェアパックを使うともっとも安く抑えることができます。
家族4名でシェアした場合でみてみましょう。

MNPでiPhone6sを4台契約した場合の月額維持費

家族4人で4台のiPhone6sの64Gを契約した場合の月々のお支払いシュミレーションです。

1台目の月額維持費(親回線)

・カケホーダイライト :1836円(5分まで通話し放題)
・シェアパックS    :3780円(5G)
・spモード      :324円
・月々サポート    :△3078円(iPhone6s64Gの場合)
----------------
月額維持費合計:6102円

※シェアパックSの場合もデータSパックと同様に、月々サポートが432円少なくなってしまいます。それでもシェアパックMにするより割安です。

スポンサードリンク

2台目の月額維持費(子回線1)

・カケホーダイライト :1836円(5分まで通話し放題)
・シェアパック    :540円
・spモード      :324円
・月々サポート    :△3510円(iPhone6s64Gの場合)
----------------
月額維持費合計:△810円

2台目の月額維持費(子回線2)

・カケホーダイライト :1836円(5分まで通話し放題)
・シェアパック    :540円
・spモード      :324円
・月々サポート    :△3510円(iPhone6s64Gの場合)
----------------
月額維持費合計:△810円

3台目の月額維持費(子回線3)

・カケホーダイライト :1836円(5分まで通話し放題)
・シェアパック    :540円
・spモード      :324円
・月々サポート    :△3510円(iPhone6s64Gの場合)
----------------
月額維持費合計:△810円

親回線と子回線3台で計4台の月額維持費合計は、3672円です。

賢いお方はお気づきと思いますが、なんとこの方法、台数が増えるほど安くなります。

8台以上だと一家で0円で、みんなのiPhone代を賄えることになってしまいます。

1人で5台まで持つこともできますので、8人家族でなくても可能です。

実際にはユニバーサルサービス料が1台につき2円かかりますが、8台でも16円!!ウソみたいですが、マジなんです。

格安SIMや格安スマホと比べてもかなり安いです。

ドコモのiPhone6sの維持費0円?2016年5月の携帯代節約プラン

2016年5月の携帯代節約術で、ドコモのiPhone維持費をみてきました。

・単身で2台持つ「2台目プラス」だと、月3132円。
・ファミリーで8台もつと月16円。

1人でもシェアパックで5台持ちができます。単身の場合はシェアパック5台持ちで月2862円が最低価格になります。

もちろん本体価格というものがあるので、初期費用がかかります。とにかく機種を安く買うことができるキャンペーンを見つけることが重要です。

キャンペーンは「ドコモ iPhone twitter」などで検索すると各店舗の情報が出てきます。

ただ「一括ゼロ円」のキャンペーンでも、有料コンテンツや最初の月は高額なプランに加入が条件だったりするので、結局1台1万円~2万円はかかることが多いです。

本体価格を抑える裏技はこちら

↑最新機種にこだわらなければ、使える裏ワザを紹介しています!

2016年5月以降の携帯代節約の動向

春から導入された総務省の「スマホ通信料値下げ」政策によって、2016年5月現在のスマホ料金は全体的に値上がりしています( ;∀;)

iPhone6sはほとんど「一括0円」キャンペーンが行われていません。キャンペーンでも平均すると4万~5万円くらいで売られています。

ただ、iPhone6sの場合、月々サポートが高額なのが非常に魅力的です。

ドコモのiPhone6sの月々サポート額は以下のとおりです。

ドコモのiPhoe6s月々サポート額まとめ

iPhone6s 16G 64G 128G
MNP・新規 3240円 3510円 2970円
MNP・新規(S) 2808円 3078円 2538円
機種変更 2565円 2295円 1755円
機種変更(S) 2133円 1863円 1323円

※S=データSパック、シェアパックSの場合

ちなみに、iPhone6は月々サポートがありませんので、「一括0円」で買えても月々料金が高額になってしまい損です。

iPhoneSEは月々サポートがありますが、本体定価が安いためiPhone6sより少額です。

月々サポートが一番高額なiPhone6sの64Gが狙い目です。

まとめ

ドコモにMNP転入して一番安くiPhoneを運用できる方法をご紹介してきました。

ファミリーでも単身でもシェアパックが最安値で、一家で0円も夢ではありません。

本体はPhone6の64Gが一番おトクですが、キャンペーンによっては16Gのみ対象などもありますので、臨機応変に「ドコモのiPhoe6s月々サポート額まとめ」を見て、機種代と月々利用料を分けて計算しましょう。

さすがにdocomoも一家で0円じゃ困りますので、シェアパックの場合の月々サポートに限度額を設定する動きがあります。

機種代が今は高額ですが、上手にキャンペーンを見つけて、月々サポートが大きいうちに購入するのがおすすめです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

 - IT・iphone ,