あずさ回数券の指定席予約えきねっと利用方法!変更払い戻し可能?

      2017/11/19

あずさ予約

あずさの回数券を買ってみたけど、指定席の予約ってどうするの?

☑ えきねっとは利用できる?

☑ クレジットカードで支払う画面に行くけど大丈夫?

☑ やっぱり変更したい!キャンセルや払い戻しはできるの?

など、回数券の場合ちょっと通常と違うのでややこしいですね。
でも一度わかってしまえば簡単です♪

画像付きで超わかりやすくお答えします!

スポンサードリンク

特急あずさの回数券で指定席を予約するには?

特急あずさの回数券で指定席を予約するには、以下の3つの方法があります。

①JRの駅窓口(みどりの窓口)で指定席を予約

②JRの駅の指定席券売機で指定席を予約

③JR東日本の「えきねっと」で指定席を予約

駅窓口と券売機は通常の予約方法とあまり変わらず、普通にご利用できますので、
えきねっと予約について詳しくお答えしたいと思います。

ちなみに「あずさ回数券」ですが、もちろん「特急あずさ」だけでなく「特急スーパーあずさ」もご利用いただけます

ただし、回数券はゴールデンウィークやお盆や年末年始の大型連休には利用できませんので、ご注意ください。
具体的には4月27日~5月6日、8月11日~20日、12月28日~1月6日が利用できません。

あずさの回数券のえきねっと利用方法

まずこちらから「えきねっと」にアクセスします。

インターネットで「えきねっと」ホームページに行きますので、

①メニューバーの「きっぷ予約・変更」ボタンをクリックしてください。

こちらの画面に切り替わります。

あずさ回数券えきねっと1
②「利用日時」を入力してください。

③路線は「中央線特急」を選択してください。

④「乗車駅」「降車駅」を選択して、

⑤「空席を調べる」ボタンをクリックします。

列車の一覧が表示されます。

あずさ回数券えきねっと2
⑥お好きな列車の「○」や「△」をクリックしてください。
(×は満席ですので、予約できません)

⑦画面を下へスクロールして「人数」を入力し、

⑧「ログインして申込に進む」をクリックしてください。

ログイン画面に進みますので、IDとパスワードを入力してログインしてください。

まだえきねっと会員でない方は、「会員登録して申込に進む」から会員登録してください。

ログインが済むとこちらの画面になります。

あずさ回数券えきねっと3
予約する列車を確認して、
画面をスクロールすると座席指定ができます。

座席指定はしなくてもOKですが、「座席指定画面」で選択するのがおすすめです。

⑨座席指定をする場合は「シートマップ(座席表)で指定する」をチェックし、

⑩「シートマップを表示して選択する」をクリックします。
すると「座席選択画面」が表示されますので、好きな座席を選んでください。

↓「あずさ」のおすすめ座席はこちら↓
「あずさの座席位置と車両編成は?進行方向とおすすめ指定席を検証」

座席が選択できましたら、

⑪「乗車券は申し込まない」をチェックし、
(すでに回数券を持っていますので、乗車券は不要です)

⑫「以上の内容で申込む」をクリックします。

最終確認画面になります。

あずさ回数券えきねっと4
注意事項や「受取の際に必要なもの」を確認して、

⑬「注意事項に同意する」にチェックを入れ、

⑭「以上の内容で新規購入する」をクリックします。

「購入手続きが完了しました」という画面になって、予約完了です。

※回数券を持っているのに、「えきねっと」でクレジットカードでも支払ってしまうのでは?と不安になりますが、発券時にクレジットカードを持っていくことで、クレジット支払を止める仕組みになっているようです。

回数券とクレジットで二重払いにはなりませんので大丈夫です。

えきねっとで予約後は、JRの駅窓口か指定席券売機で発券してもらう必要があります。

結局JR東日本の駅に行かなければいけませんが、発券は当日でも大丈夫ですので、前もってネット予約できるのはかなり便利です。

たとえ窓口や券売機が24時間営業でも、発券時間は5:30~23:00限定ですので、ご注意ください。

スポンサードリンク

あずさの回数券で座席指定後の変更や払い戻し

無事に予約はできたけど、、、

☑ 回数券で購入した指定席を変更やキャンセルはできる?

☑ 回数券そのものを払戻すことは可能?

など、購入後の疑問についても簡単にお答えしておきます。

あずさ回数券の指定席の変更

回数券で購入した指定席は、列車の出発前でしたら、無料で何回でも変更可能です。

発券前でしたら「えきねっと」で何回でも変更できます。

すでに発券済の場合は、駅窓口で変更できます。

列車出発後は変更できませんので、「帰りの時間が決まってない」場合などは、遅めの列車を予約しておいて、早く駅についたら早い列車に変更するのがおトクです。

早い列車が満席の場合でも、待てば予約済みの列車に乗ることができます。

また、急いで帰りたい場合は回数券で自由席にも乗ることも可能です。
回数券をそのまま自動改札に入れれば乗れますので、指定席の発券も不要です。

※予約している指定席に乗らない場合はマナーとしてきちんとキャンセルしましょう。

あずさ回数券で座席指定後のキャンセル

あずさの回数券の払い戻しは、有効期間内で全ての券が未使用で表紙を伴っている場合に限り、駅窓口で可能です。(220円の払戻手数料がかかります)

1枚でも使用していたら払い戻しはできません。

余ったあずさ回数券は、金券ショップやヤフオクなどで売れますので、できるだけ有効期間がたくさん残っているうちに早めに売却しましょう。

えきねっとで座席指定後にキャンセルする場合は、指定席解約料が1座席310円かかります。

えきねっとで座席指定後に、回数券まるごとキャンセルしたい場合は、えきねっと解約料1席310円とあずさ回数券6枚払い戻し手数料220円を支払えば、すべてをキャンセルできます。

ただ、えきねっとの指定席予約はあずさ指定席に限らず何度でも変更可能ですので、新幹線や別の在来線の指定席に乗る予定があれば、そちらに変更するのがおすすめです。

まとめ

あずさの回数券は、えきねっとで予約や変更もできてとてもおトクなきっぷです。

年末年始などの繁忙期には利用できませんが、上手に使って、思い出深い旅をしてください♪

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

 - 有料特急 ,