母の日のプレゼントおすすめで花以外は?意外なおもしろアイデア特集!

      2016/05/14

bara

母の日のプレゼントをあげたいけどどうしよう?

☑ 花はいらないって言われた
☑ マンネリ化してて・・・面白い案はないかな?
☑ 意外なアイデアでびっくり&喜んで欲しい!

そんなアナタに奇抜なおもしろアイデアをお届けします( ̄ー ̄)ニヤリ
あまり予算をかけたくないアナタでも大丈夫!

スポンサードリンク

母の日のプレゼントおすすめで花以外の定番は?

まず最初は全然奇抜でない、花以外でフツーに喜ばれるものをご紹介します。
気難しいお母さまを怒らせたくない場合は、こちらが無難です。

花以外で定番と言えば、美容健康グッズ!
実は「母の日に一番欲しいもの」アンケートNo1は花ではなく、美容健康機器だそうです。

女性はいつまでも美しくいたいもの。
普段忙しくされているお母さまに、
美を追求するグッズを贈ってはいかがでしょうか?
massage

マッサージ・クッション

特におすすめは今流行のルルド・マッサージクッションです。
インテリアにもマッチするお洒落なクッションに、マッサージ機能が埋め込まれています。
7000円~10000円程度で購入できます。え、高い!?
ご予算をかけたくない場合は、アナタが人動マッサージ器になって、
肩もみなどのマッサージをしてあげる手もあります。
照れくさいですが、意外と喜ばれるかも?

コロコロ美顔器

100円均一のコロコロ美顔器から、2-3万円する高級美顔器ままで様々な種類があります。
ご予算に応じて選ぶことができます。
美顔器に抵抗がありそうなお母さまの場合は、顔面マッサージ用のマッサージオイルをあげてもよいかもしれません。
無印良品などで売っているホホバオイルは、美容液としても優秀なマッサージオイルです。

ロクシタン・ハンドクリーム

女性へのプレゼントの定番中の定番。これをもらって喜ばない女性はいません!
「ワシは労働者の手をめざしてるんじゃ!」という男勝りなお母さまだと微妙かもですが、
でも99%は喜んでもらえます!
家事で荒れがちな手をいたわってハンドクリームなどを贈ってはいかがですか?
高級店ですが、ハンドクリームなら1000円くらいからあります。

 

母の日のプレゼントちょっと奇抜なおもしろ系なら?

「漫画ばっか読むな!」と怒っていたお母さま。
そんなお母さまにあえて漫画をプレゼントしてはいかがでしょうか?

本をプレゼントするというのは、たまに聞きますが、
忙しい中で文章を読むのは面倒に感じるお母さまも多いのでは?
でも漫画なら楽しく読めちゃいます。

気分転換にもエンターテイメントとしても最適な贈り物になるはずです。
shojyo

「きょうの猫村さん」ほしよりこ

ネット上で1コマずつ連載されて大ヒットした猫版「家政婦は見た」。
癒し系でもあり、ちょっと斜めから理不尽な世の中をみていて哀しさもあり、
ホロリとしつつホクホクと温かい気持ちになれる、そんな不思議ワールドを味わえます。
猫なのに家事をがんばっている猫村さんに元気づけられる、母の日にぴったりの漫画です。

スポンサードリンク

著者ほしよりこ、マガジンハウスから8巻まで発売中。

「日出処の天子」山岸涼子

1980年代の古き良き時代に大ヒットした歴史モノの少女漫画。
手塚治虫が少年漫画の元祖だとしたら、山岸涼子は少女漫画の元祖の一人。
聖徳太子が超能力者でゲイという奇天烈な設定ですが、
それでも抵抗なく物語に引き込んでしまう実力がハンパない名作です。

これがナゼか中高年の女性に大人気!
PTAのお母さま達の間でこっそり回し読みされていたり、
うちの祖母(80歳)に読ませたら「こんな面白い本は初めてだ!もっと続きはないのか?」と催促が来たり。

単行本、文庫版、保存版などがありますが、
母の日のプレゼントには白泉社の文庫版全7巻がおすすめです。

「まことちゃん」楳図かずお

思いっきり笑いたいお母さまにはコレ!
1970年代に大ヒットした楳図かずおのギャグ漫画。
ちょっとお下品ですが、世間体とかマジでどーっでもよくなる勢いに満ちた作品。
昭和生まれのお母さまには懐かしい設定もいろいろ出てきて、
懐かしい思い出に浸れたり、アナタの悪ガキギャング時代を思い出したり?

単行本、文庫本、平成版(絶版)などがありますが、
母の日のプレゼントには小学館の文庫版全12巻がオススメです。
1話完結なので、全巻なくても楽しめます。

 

母の日のプレゼント究極のアイデア!

とにかく、特別な1日を楽しんでもらいたい!
今まで贈ったことのないような究極のプレゼントをしたい!

そんなアナタにはとっておきのチケットを贈ることをおすすめします。
日常を忘れて、泣いて笑って楽しんで、きっと喜んでくれるはず!
table

宝塚歌劇団のチケット

実は意外と安くて2000円~チケットが買えます。
が、一般的には3500円のB席以上がオススメです。
特にこだわらなければ、東京大阪なら毎日公演しているので苦労せずに購入できます。

好き嫌いはありますが、一度くらい見てみたいと密かに思っているお母さまは多いのでは?
むしろあまり興味がなくて見たことがないお母さまが意外とハマってしまうかも。
逆に宝塚狂いのお母さまの場合は「○組の△△さんが主役じゃなきゃイヤ!」とか言うので、
事前リサーチが中途半端な場合は、やめておいたほうが賢明かもしれません。。。

綾小路きみまろのチケット

あれから40年・・・猫をかぶって嫁に来たお母さまもすっかり豚になってしまったでしょうか。
よいしょと言わないと立てないお母さまも、きみまろのライブのためなら立ち上がって出かけるはず!

きみまろは一人しかいませんので、全国どこでライブをやるかわかりません。
きみまろも生活かかっているので、チケット代も5000円以上します。

それでも嫁姑やご近所付き合い、PTAのお仕事に祖父母の介護に疲れ切ったお母さまが、
泣いて笑って元気になれる、そんな贈り物になるはずです。
あ、どうしてもムリって場合は、DVやDVDやyoutebeでも見れますので、あきらめずに!

ホテルでアフタヌーンティー

舞台系はちょっと・・・というお母さまの場合は、優雅にホテルのアフタヌーンティーはいかが?
家事や子育てや介護などの日常を忘れた、王侯貴族のような時間を贈ってみてはいかがでしょうか?
一緒に行って、久々に母子水入らずの会話を楽しんでもよいかもしれませんし、
父の日と合同ってことで夫婦で楽しんでもらってもよいでしょう。

 

まとめ

カーネーション、スイーツなどの王道もよいですが、
マンネリ化してしまっている人は、一度王道を踏み外してみてはいかがでしょうか?

他にも江ノ島水族館でイルカと泳ぐとか、体験ダイビングをやるとか、
お弁当もってハイキングに行くとかの体験系もよいかもしれません。

体験系はお母さまの体調によってはヤバイことになるかもしれませんので、
よく様子を見てからお申込みください^^

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

 - 季節の行事 ,